楽天人気ダイエット売れ筋ランキング
楽天人気健康食品売れ筋ランキング
楽天人気健康用品売れ筋ランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽天人気ダイエット売れ筋ランキング
楽天人気健康食品売れ筋ランキング
楽天人気健康用品売れ筋ランキング
【透析治療の方】【アミノ酸】カルニ・リチン 200【透析治療の方】【アミノ酸】カルニ・リチン 200"HTN"(60粒):L-カルニチン!
L-カルニチン
カルニ・リチン 200"HTN"(60粒)
CarniRichen 200"HTN"

医療にも健康にも確かな働きです。
大粒クッキータイプ: 食べて摂ることで吸収率が高まります。
医療現場にて採用されているヴァイタリン社製です。【製品について】天然のL-カルニチンを使用してます
米国において高品質・高純度の基準を示すUPS基準を自発的に上回る純度・品質で製造しています。

また、L-カルニチンの体内自己合成の促進を狙う目的で前駆物質のリシン・メチオニンをはじめとする”必須アミノ酸”がすべて適量入っています
不純物を徹底的に除去して透析をされている方へも安心してご使用いただけます。
 ・重金属類   0.002%以下
 ・リン       0.001%以下
 ・カリウム    0.001%以下
 ・ナトリウム   0.006%以下
 ・マグネシウム 0.002%以下【はたらき】
細胞内のエネルギー産生を行うミトコンドリア。ミトコンドリア内での脂肪燃焼がスムーズに進むことにより代謝が進みます。そのミトコンドリア内へ脂肪を運搬する役割を担うのがL-カルニチン、いわば燃料ポンプの役割をします。
【 透析治療中の方に必要なアミノ酸 】透析治療中の方では、Lカルニチンの産生が減少しており、またしばしば、食事制限や食欲不振のためLカルニチンそのものや原料であるリジンとメチオニンの摂取が減少している。さらに、これらに加えて、透析患者では1回の透析で血漿中のLカルニチンの70~80%が除去されてしまいます。そこで、多くの長期の透析患者さんでは体内のLカルニチン量が不足していると思われます。実際、多くの報告を整理すると、日本の透析中の方のLカルニチン濃度は、健常人の60%程度にすぎないという報告があります。
・・・透析実施中の場合の例では、Lカルニチンの血中濃度は、透析前に比べ透析終了直後には20%程度に低下すると言われてます。
Lカルニチンを摂ると、透析後半の急激な血圧低下や透析後の倦怠感、下肢けいれん症状が抑えられると報告されています。
他に血中の中性脂肪・コレステロールを低下させることや貧血の改善に役立つと報告されています。透析治療中方にしばしば認められる不整脈、心肥大、倦怠感の一部には、このような体内のLカルニチン量の不足が関係している可能性が考えられます。
すなわち、Lカルニチン不足のため、心筋細胞や骨格筋細胞では脂肪酸がエネルギー源として利用されず、そのために、あるいは細胞質に蓄積した脂肪酸によるエネルギー産生の障害のために、不整脈、心肥大、倦怠感が生じる可能性があるのです。そのため、L-カルニチンを補うことは大いに意義のあることです。
< 透析実施の方へLカルニチン補充を実施した結果のまとめ >  ● 透析筋肉けいれん(こむら返り)・筋肉痛の改善
  ● 透析低血圧や不整脈の改善
  ● 心臓のポンプ活動が改善し、血液循環がよくなった
  ● 元気が出てきた
  ● ヘマトクリットの低下例(20前後だった)が上昇し貧血が改善(エリスロポエチンを投与している症例にも改善報告がみられます)他にも症状改善のアプローチはあるかと思いますが、Lカルニチン補充によってもこのような改善報告が国内外より出ています。
【L-カルニチン】体内の脂肪は脂肪酸に分解されたあと、
細胞中のミトコンドリアでエネルギーに変換されますが、
脂肪酸単体ではミトコンドリアまで移動できません。
L-カルニチンの作用 が脂肪酸をミトコンドリアまで運び、
エネルギー変換を助けます。メーカー:バイタリン社(USA)日常活動中に筋肉や細胞が消費する脂肪酸の代謝亢進を手伝う働きがLカルニチンにあります。
従って、医療目的としても活用され、また健康増進や、
ダイエット時の効率向上にも期待されています。
3~6ヶ月を目安にお続けください。【 使用方法 】アメリカでは、体重75kg基準(アメリカの標準)では、最初1日1000mg(200mg錠を4錠)程度の補充でスタートすることが多い。日本の標準で見ると
1日400mg(200mg錠を2錠)程度の補充でスタート。
3ヶ月程様子を見て、状態が改善し安定してきたら、維持量を1日200mg(200mg錠1錠)の補充を目安とする。

というような使い方が一般的です。

さらに詳しい情報はコチラ≫


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。